表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

膝蓋下脂肪体炎(Hoffa病) Hoffa disease

 膝蓋腱より深層にクッションのような形で脂肪の塊があります。これを膝蓋下脂肪体と言います。運動などの機械的な刺激で微少な内出血がおこり、それが刺激されて結合組織が増殖し腫大します。その結果、膝の運動時にインピンジメントを起こすとされています。

 神経組織に富み、炎症により痛みや圧痛があります。

 治療は保存的治療を行います。局所の安静、温熱治療などを試みます。改善しない場合はステロイドの注入を行います。鏡視下に手術を行うこともまれにあります。

 鑑別診断としてはJumper膝、Anterior knee pain syndrome (AKPS)があります。