表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

膝離断性骨軟骨炎 Osteochondritis dissecans of the knee
 

 
離断性骨軟骨炎は関節内の軟骨が剥がれてくる病気です。少年野球などで肘にも起こります。成長期のスポーツ障害です。小学生や中学生のスポーツを頑張っている子供さんが膝を痛いという時は必ずチェックします。初期の症状は非特異的で、膝の前に限局した自発痛と運動時の疼痛が生じることが多いです。進行すると引っかかり感、水腫、ロッキングなどが起こります。

 早期にはレントゲンでは写らないこともあります。早期ほどMRIでないと分かりません。男女比は2:1で、膝の内側に多く発生します。(85%、残り15%は外側)外顆や大腿膝蓋関節面や膝蓋骨にみられることもあります。

 治療は成長期で、骨端軟骨が閉じていない時期で、なおかつ骨軟骨片が安定している場合は、免荷や局所の安静で改善します。癒合が遷延する場合や骨端軟骨が閉じている場合は、鏡視下にドリリングを行い治癒を促進します。骨端線閉鎖後は保存療法、ドリリングが奏功しにくいとされています。

 保存的治療で改善しないもの、また骨片が遊離しているものは、固定術などが選択されます。遊離骨片が小さい場合は骨片を摘出するだけのこともあります。
損傷した軟骨部分の改善が見込まれにくい場合は、非荷重部の大腿骨骨頭軟骨を円柱状に採取してこれを埋め込みます。

 注:アジア、日本では外側円板状半月板が欧米より多く、外側型の離断性骨軟骨炎が合併する頻度が高いとされています。