表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

距骨下関節不安定症 Subtalar Instability

 足根洞にある距踵骨間靱帯が部分断裂などで緩むと距骨下関節が不安定となり、かかとに内外のストレスがかかると痛みが生じます。ストレス撮影で踵骨の前方引き出し現象がでます。足根洞へのステロイドと局麻剤の注入で改善することが多い。またアウターウェッジを作成して装着します。保存療法に効果がなく、日常生活に支障がある場合は、骨間靱帯の再建や距骨下関節の制動術を考慮します。