表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

環軸関節回旋位固定 atlantoaxial subluxation

 子供が急に頚を痛がって斜くようになります。(斜頚位)斜頸を起こす原因には、炎症性と外傷性を考え、それぞれ咽頭部の感染、環軸椎の亜脱臼(環軸関節回旋位固定)の有無を調べます。レントゲンで小児の場合、環軸関節の前後の隙間4ミリ以内、歯突起前方の軟部組織は2-7ミリが正常でそれ以上に開いている場合は何らかの異常が隠れている可能性があります。

 環軸椎回旋位固定は、開口位でレントゲンを撮影します。環軸椎関節で歯突起の位置に左右差がある場合は亜脱臼をしています。亜脱臼の治療は初期は頚椎カラーで経過をみる、もしくは牽引治療を追加する。1週間以内に改善しない場合は入院して持続牽引を行います。治療せずに長く放置すると固定されてしまい元に戻らなくなることもありますので注意が必要です。
 
 
 本日のコラム357 環軸関節回旋位固定

 環軸関節で回旋位の固定が起こる疾患です。明らかな外傷を契機に起こることも、微少な外傷やはっきりとした原因が分からないこともあります。主に子供に見られますが、大人の発症も報告されています。

一側の頚部痛で発症します。痛い方に頸が回旋して固定されます。(cock robin position)典型例では、自動的にも他動的にも頸を動かせません。診断は、これらの症状に加えて、開口位レントゲンにて歯突起の左右への偏位が見られます。側面像では環椎の回旋に加えて、前方への亜脱臼見られることがあります。CT検査は有効で、回旋度、環軸関節の脱臼・亜脱臼の有無がわかります。

 CTによるFielding分類TypeIからTypeIVまであります。TypeIは、回旋位固定はあるが、環軸椎の前方脱臼・亜脱臼が見られないもので、通常、痛みや可動域制限も比較的軽く、積極的治療を行わなくとも、数日で改善することが多い。数日で改善しない場合は、消炎鎮痛剤や頚椎カラーを使用します。

 一週間以上症状の改善が無い場合は、入院してベッド上安静や牽引治療を行うのが望ましい。まれにTypeIから進行してII〜IIIに移行するケースもあるとされています。

 症状が出て1-3ヶ月は、整復後、ハロー牽引やハローベストによる治療が必要となります。不安定で再発することも多く、再発例、不安定例や三ヶ月以上症状が続くケースでは、環軸椎後方固定術を行います。