表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

Blount病

 脛骨の骨端軟骨の成長障害で骨の内側が成長せずに外側ばかりが伸びるので内側に曲がっていきます(O脚)。成長障害の原因は分かっていませんが、骨端部や骨端周辺の内側の成長障害がみられます。少期にO脚を起こす代表疾患です。発症年齢により幼年期型(1-3歳で発症)と思春期型(6-8歳で発症)に分けられます。治療は装具療法を行い、経過中に進行するものは手術を行います。