表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

頚髄損傷 cervical spinal cord injury

 脊髄が損傷した場合、そのレベルより下の運動や知覚に障害が出ます。急性の外傷などで麻痺を伴うような損傷は二次〜三次救急での対応が必要です。

 神経を圧迫する状態が続いているときは除圧を目的に緊急手術が必要なことがあります。ステロイドの大量・パルス療法が行われてきましたが、その効果を疑問視する論文も最近出てきています。

 脊髄はいったん損傷すると回復が難しく、今後、iPS細胞を使った治療が進展するのを期待しています。