表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

三角筋症候群 deltoid syndrome

 三角筋の筋筋膜性疼痛症候群のことです。運動などの外力で痛めたり、過度に使うことによって起こります。

 三角筋に特有の圧痛を認めます。また圧痛点から腕に放散する痛みを訴えます。長時間座って仕事をしたり姿勢の悪化でも起こりえます。

 加えて精神的なストレスでも症状が悪化するので注意が必要です。鑑別としては炎症性疾患、多発性硬化症、膠原病などです。

 治療は急性期は患部の安静と消炎鎮痛剤を行い、慢性期には理学療法等を組み合わせます。

 同様に大円筋に症状を起こすものを大円筋症候群(teres major syndrome)と言います。