表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

肩関節脱臼・反復性肩関節脱臼・習慣性肩関節脱臼 dislocation of shoulder、recurrent dislocation of shoulder joint、habitual dislocation of shoulder joint

 肩関節脱臼は初めて肩関節を脱臼したときのことをいいます。反復性は脱臼をしてから何度も繰り返すことをいいいます。習慣性は外傷等の既往がなく脱臼を繰り返す場合をいいます。

 初回肩関節脱臼は内旋位または外旋位で固定します。2回目以降は痛みが取れるまで三角巾固定で経過を見ます。

 何度も脱臼する場合は日常生活、運動への支障の状況を見ながら手術することがあります。手術は内視鏡を使ったもので、壊れた関節唇の修復術が通常行われます。スポーツ復帰は術後、投球などの大きな負荷がかかる側では平均10ヶ月、負荷のかからない方では約6ヶ月かかります。競技によって若干異なります。

 一般的はBankart手術後、外固定3週間、術後6ヶ月までをメディカルリハビリテーション期、その後はアスレティックリハビリテーション期とします。

 術後長期にリハビリが必要ですし学年やシーズンを考慮します。

 初回脱臼の固定法ですが、従来の内旋位固定では再脱臼率が高く(20歳以下だと50−60%が再脱臼すると言われています。)、再脱臼率が半分ぐらいまで改善する外旋位固定を薦める施設もあります。

 当院でも外旋位固定をお勧めしていますが、内旋位固定に比べて手が外に向くので日常生活が不自由であることを説明したうえで、希望も聞き合わせた上で選択しています。
 
 子供の肩関節脱臼

 初回脱臼の後、再脱臼する状態を反復性肩関節脱臼といいます。40歳以上の初回脱臼が反復性となるのが10%に対し、10歳代は80〜90%(文献により再脱臼率は異なりますがおよそ50〜80%)と言われています。いずれにせよかなりの高率で再脱臼することになります。

 成長期の初回脱臼は保存的治療で脱臼整復後、3週間の固定、その後、損傷した靱帯の強度が修復する3−4ヶ月は運動制限を行います。再脱臼(反復性肩関節脱臼)の根治をめざすのであれば手術療法を選択します。手術は鏡視下bankart修復術に加えて状に応じて腱板疎部の補強を追加します。