表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

肘関節遊離体 elbow joint mouse

 遊離した骨片や軟骨などが関節内に遊離し時に関節自体に嵌頓してロッキング現象を引き起こします。関節遊離体は肘関節、膝関節、足関節で起こりやすいです。原因はスポーツ障害による離断性骨軟骨炎、骨軟骨損傷(骨折)、変形性関節症、骨壊死、滑膜性骨軟骨腫、神経原性関節症、関節リウマチなどがあります。

 無症状の場合は経過観察をし、痛みがある場合は保存的治療を行います。保存治療に抵抗する場合は鏡視下に除去します。


 鑑別として滑膜の肥厚によるもの(有痛性滑膜ひだ障害)、滑膜性骨軟骨腫、などがあります。