表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

肘関節遊離体(関節マウス) elbow joint mouse

 関節遊離体(関節マウス)は関節内の軟骨や骨が遊離してしまう状態をいいます。多くは離断性骨軟骨炎が進行して関節内に遊離します。関節液から栄養をもらって大きくなることがあります。

 症状は関節を動かしたときに突然挟まって疼痛が生じて動かせなくなります。これをロッキングといいます。少し動かすと解除されて痛みが消えることがありますが、このような症状が出たときは、医療機関を受診した方がよいでしょう。

 診断はレントゲン、超音波断層撮影、MRIを行います。治療は関節鏡を使って遊離した関節マウスを取り除く手術を行います。

 肘に限らす、膝関節や足関節でも起こります。