表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

線維性骨皮質欠損 fibrous cortical defect 非骨化性線維腫 nonossifying fibroma

 膝の痛みを訴えてくる小児をレントゲン撮影すると大腿骨遠位内側に1センチ大の透瞭像がよく見つかります。円形・楕円形で皮質内に収まっていれば、線維性骨皮質欠損という診断で経過を見ます。大抵は消えて無くなります。

 病的骨折を起こす場合は手術を行います。

 非骨化性線維腫と同じ組織像であり、いままで区別されてきましたがWHOの分類では同じものされています。

 両者共に経過観察をします。病的骨折を起こした場合は手術をします。