表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

距骨骨折 fracture of the talus

 距骨の骨折はまれで、骨折部位により頚部骨折、体部骨折、滑車部骨軟骨骨折に分けられています。

 頚部骨折は交通外傷でアクセルやブレーキに足を乗せていて強制的に背屈させられると起こります。転位の無い頚部骨折は5-6週間のギブス固定を行います。転位のあるものは腰麻下に徒手整復を行います。転位が改善されない場合は手術を考慮します。

 体部骨折は同様に転位の無いものはギブス固定を、転位のあるものは整復を行います。改善しない場合は手術を考慮します。
 
 滑車部骨軟骨骨折は骨折型に応じて治療方針を決めます。