表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科


 側頭動脈炎(巨細胞性動脈炎)

 血管炎のなかには、自己免疫疾患として巨細胞性動脈炎があり、その一部は側頭動脈に炎症を起こし、その結果、失明することがあります。側頭動脈炎は巨細胞性動脈炎に含まれます。

 側頭動脈炎は、リウマチ性多発筋痛症に合併することがあるので、注意が必要です。

 側頭動脈−外頚動脈
 眼動脈−内頚動脈

 いずれも巨細胞性血管炎で内膜が肥厚し血流障害を起こし、眼動脈の場合は失明することがある。脳動脈で脳梗塞。

 全身症状:発熱、倦怠感、貧血、赤沈亢進、CRP上昇
 炎症:側頭動脈に沿った頭痛
 内腔狭窄:虚血性視神経障害、視力低下、失明
        そしゃく筋阻血→顎跛行
 拡張:大動脈瘤、血圧左右差

 ・リウマチ性多発筋痛症(PMR)の合併:50%にPMRを合併、PMRの20%に巨細胞性血管炎を合併

 治療はステロイド(プレドニゾロン0.5−1mg/kg/日) 慎重に漸減。再燃率50%、治療抵抗例、再燃例ではMTX、サイクロフォスファマイド、アザチオプリンなどを併用。

 IL-6受容体阻害剤であるtocilizumab(TCZ)が保険適応となっている。(2017年よりステロイドに副作用・抵抗性、再発例など)