表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

痛風 gout 偽痛風 pseudogout

 痛風と偽痛風は同じように関節痛を引き起こしますが別の病気です。m

 痛風は血中の尿酸が増えて関節に析出して炎症を起こします。尿酸は水に溶けにくく特に温度が下がる足の母趾関節(MTP関節)に発症しやすいです。肘関節、膝関節、アキレス腱などで起こることもあります。急性期の治療は消炎鎮痛剤を投与します。急に尿酸値を下げると症状が悪化しますので、炎症が落ち着いてから必要に応じて尿酸を下げるお薬を使うかどうかを決めます。

 尿酸値がそれほど高くない場合は、食事や運動療法で改善するかをみます。肥満がある場合はダイエットも必要です。

 偽関節は関節内にピロリン酸カルシウム水和物の結晶が沈着する病気です。原因ははっきりしていません。特定の病気に合併することがあります。レントゲンで白い沈殿が写ります。

 治療は痛みに応じて消炎鎮痛剤を投与します。炎症を繰り返してCharcot関節になることがあります。


本日のコラム66 尿酸の排泄を促すカゼイン

 カゼインは牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品に含まれているタンパク質です。カゼインは腎臓に働きかけて尿酸の排泄を促します。この結果、高尿酸血症の改善につながります。現在、投薬を受けている方でも乳製品を通してカゼインを摂取するとよいでしょう。

 コーヒーに含まれるクロロゲン酸というポリフェノールは尿酸値を下げる作用があり、1日コーヒーを4杯以上飲むと痛風発作を半分ぐらいに抑える作用があるとされています。(ただし3杯以下では効果が殆ど無い。)カフェインに弱い方は、デカフェインのコーヒーを飲むのがよいですね。
 
 血中の尿酸値のうち、食事によるものは2割、身体で作られる内因性のものが8割とされており、食事制限だけではなかなか下がりにくいことが分かっています。