表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

中足骨頭痛症(中足骨骨頭痛) metatarsalgia

 歩くと足趾の付け根が痛くなります。特に第2MTP関節底に多く見られます。これは第二中足骨が一番長いのと横アーチが崩れて発症します。中高年になるとクッションの役目をする脂肪組織も薄く弱くなり、更に横アーチがフラット化し、歩行すると骨に圧力が加わりやすくなります。また運動やハイヒールなどでも起こります。原因を明らかにして対応しないといつまでも痛みが続きます。

 靴は、クッションの役目である脂肪組織がへたっているため中敷きが厚く柔らかく、かつ中足骨骨頭に負荷がかからないように靴底は固く容易に曲がらないスニーカーもしくはウォーキングシューズを選びます。パンプスやハイヒールは避けます。

 治療は病状にあった足底板(インソール)を作成し、痛みが強ければ、希望により抗炎症剤を使います。第二中足骨骨頭が循環障害を起こすフライバーグ病や関節リウマチ、モートン病などと鑑別する必要があります。