表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

  開放骨折 open fracture

 骨折部が外気と触れるようになった骨折のことです。多くは高エネルギー外傷によります。軟部組織の状態が重要で、考慮せずに内固定を行うと高率に壊死、感染を起こします。以前は鋼線牽引や外固定を行い安静臥床などが行われていたが、十分な固定性を得られないために、最近では創外固定を行います。

 ・local damage controlの重要性:創外固定、軟部組織の状態改善をはかる

 ・セカンドルック:初期治療としての初回デブリドマン後、48−72時間後に再度デブリドマンを実施する際には、初期には顕在化していなかった汚染組織、挫滅組織、壊死組織が同定できることが多い。

 ・持続陰圧療法(negtive pressure wound therapy. NPWT):創傷治癒が促進される。

 ・ゴールデンタイム:早期デブリドマンが重要とされてきたが、今では如何に早く施行されるよりも、いかに十分行われたが重要となっている。

 
 Gustilo分類(この分類はデブリドマンなどの術後に評価します。) 予防的抗菌剤+術後抗生剤
 Type1 1cm以下の開放創。汚染軽度。単純な骨折が多い。  第1、第2世代セファム系、1-2日投与 
 Type2 1cm以上の開放創。軟部組織軽度の損傷。
 Type
 3A
広範な軟部組織の損傷。手術で骨折部分を軟部組織で被覆できる。粉砕骨折が多い。  第1、第2世代セファム系+アミノグルコシド
あるいは

ペニシリン系 3-5日投与  
  3B 広範な軟部組織の損傷。骨膜はがれ、骨露出。手術でも軟部組織で被覆困難。
  3C 修復が必要な主要動脈損傷あり。
*土壌汚染(クロストリディウムなど):ペニシリンG、セファム系
*河川海洋汚染(ビブリオ、エロモナスなど) :テトラサイクリン、キノロン
*破傷風トキソイド、テタノグロブリン投与