表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

後縦靭帯骨化症  ossification of posterior longitudinal ligament、OPLL

 原因はよく分かっていませんが脊椎の椎体後部を縦走する靱帯が骨化する病気です。頚椎、胸椎、腰椎いずれの部位でも起こります。骨化が大きくなるとその後ろにある脊髄神経を圧迫してシビレや痛みが出ます。

 ひどくなると運動神経が傷害されて手指がうまく動かなかったり(巧緻障害)、下肢の筋力が低下して歩きにくくなります。また膀胱直腸障害を起こすこともあります。

 いずれも神経を圧迫することによって起こる症状で、疾患特有のものではありません。

 手や足のシビレや痛みを訴えて来院される方に対してレントゲン撮影を行うと見つかることがあります。その程度は様々でほんの少しのみ骨化していることもあれば、かなり大きくなって神経を強く圧迫していることもあります。 詳しく調べるためにCTやMRIを行います。

 基本は頚椎カラーなどの保存的治療ですが、症状が強くなると手術が必要となります。50歳以降の男性に多く、無症状や軽い症状で経過することが多いとされています。

 転倒や落下で麻痺症状が出ることがありますので、日常生活において注意が必要です。