表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

有痛性外脛骨 os tibiale externum

 足関節の内側からやや下あたりで足の内側でやや突出した場所に痛みが生じます。原因は舟状骨の後方に外脛骨という骨が余分にありそれが靴と当たったり捻挫後痛んだりします。

 捻挫したあとに痛みが出やすいです。外脛骨の後方に後脛骨筋腱がついておりこれが引っ張られて骨が不安定(舟状骨と外脛骨)になることで起こります。

 治療は靴と当たらないように足の裏にクッションを入れる、靴自体を工夫するなどがあります。こういった保存的治療で回復せず日常生活やスポーツで著しい支障がある場合は手術を考慮します。

 手術には外脛骨そのものを摘出する方法、ドリリングする方法、スクリューで固定する方法などがあります。