表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

オスグッド病 Osgood disease

 太ももの前にある大腿四頭筋は膝蓋骨を巻き込むように腱となり最終的には膝のしたにある脛骨に付いています。子供の頃はこの部分が弱く運動をし過ぎると引っ張られて
軟骨と一緒に持ち上がって剥がれてきます。症状は膝下前部分の痛みと圧痛です。レントゲンや超音波断層撮影で状態を見れば一目瞭然です。

 四頭筋が硬い子供は起こりやすいです。治療は痛みに応じて運動を控えます。痛みが強い場合はまず安静とアイシング、大腿四頭筋のストレッチを行います。痛みが改善すれば、オスグッド用の膝サポーターを装着して段階的にスポーツ復帰します。運動の程度は痛みが出ない範囲で許可します。この間、再発しにくいようにストレッチの指導もします。

 それでも痛みが出てくることもあります。15歳ぐらいでほとんど治ります。大人になって遊離した骨片が遺残して傷むことがありますがこの場合は手術をして取り除くと改善します。

 オスグッド用のサポーターもありますので希望される方は装着してもらいます。

 小学生の中高学年に多く見られます。中学生三年生頃になると自然に改善しますが本格的にスポーツに取り組んでいる場合は痛みが出やすいのでどの程度の運動を継続するか、また出来るかが課題となります。