表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

大腿骨離断性骨軟骨炎 osteochondritis dissecans of the femoral bone 

 膝関節の大腿骨側で軟骨下骨に分離が生じ骨軟骨片が関節内に遊離・脱落します。10代の骨端閉鎖前の男性に多い。原因は諸説ありますが、剪断ストレスが契機となっているとされています。

 離断性骨軟骨炎は膝関節、肘関節、股関節、足関節などに起こりますが、膝関節が一番多く発症します。膝では内側85%、外側15%、まれに膝蓋骨に起こります。

 症状は患側の痛みです。歩行時、運動時に痛みが増強します。初期にはレントゲン撮影(顆間窩撮影を追加)では描出されないのでMRIを行います。

 外顆の離断性骨軟骨炎は外側円板状半月板を合併することが多い。
 
BrucklのX線分類
stage1 異常所見なし(骨軟骨片は安定)
stage2 病巣部の骨透亮像(骨軟骨片は安定)

stage3 病巣周辺の骨硬化像(骨軟骨片は不安定)
stage4 病巣の硬化と不安定性の進行期(骨軟骨片は不安定)
stage5 遊離体(骨軟骨片は遊離)

治療方針
stage1-3
 骨端線閉鎖前:免荷による保存治療 抵抗、進行例はドリリングなど手術を考慮 早期復帰希望の場合はドリリングを行うことあり

 骨端線閉鎖後:保存治療や鏡視下ドリリングは奏功しないことが多い。骨軟骨固定術が必要なことも。

stage4:骨軟骨固定術
stage5:遊離片が欠損部と適合すれば整復固定します。整復固定が出来ず欠損が大きく(長径1.0〜1.5cm以上)加重部の場合は骨軟骨移植を行います。