表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

 本日のコラム55 骨端症 osteochondrosis

 骨端症は、骨端核、一次核、骨突起などに起こる阻血性骨壊死で、血流の遮断や繰り返す小外傷などによると考えられています。

 オスグッド・シュラッター病 (膝下前面)Sinding-Larsen-Johansson病(膝蓋骨下部)ケーラー病(足舟状骨)フライバーグ病(中足骨骨頭)sever病(かかと)ペルテス病(股関節)Blount病(脛骨)Panner病、Hegemann病(肘関節)などがあります。

 運動に起因するものは、過度の運動を減らし、使いすぎを防ぎます。またストレッチやクールダウンなどをしっかりと行います。

 それぞれに疾患により具体的な治療法は異なりますので、リンク先を参照してください。

*van Neck病:骨端症とも正常骨化過程での「正常範囲内変化(normal variant)」と言われている疾患で、坐骨−恥骨結合部の骨端症です。4-12歳に発症し、漠然として鼡径部痛や殿部痛、また股関節〜大腿部痛、跛行などが生じます。恥骨下枝疲労骨折とまったく同じ部位で起こることから、発生機序も金郁夫緊張などのストレスによると考えられています。治療は安静のみで良好な経過をたどることがほとんどです。長期の経過をたどる場合は、単純性股関節炎、骨腫瘍、骨髄炎などと鑑別を要します。

 *これら以外に、鎖骨、上腕骨骨頭、尺骨遠位骨端、手舟状骨、手月状骨、中手骨頭、脊椎椎体、脊椎椎体骨端部、距骨、立方骨、第5中足骨近位粗面部 などでも起こります。