表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

蜂窩織炎

 皮膚の傷から細菌感染(多くはブドウ球菌)を起こして皮下に炎症が広がり、発赤、熱感、腫脹、痛みを伴って拡大していきます。趾間部の真菌症や犬猫の咬傷、皮膚の小さな外傷などが引き金となって起こることが多いです。丹毒(溶連菌)と異なり辺縁がはっきりとせず不分明です。捻髪音を触知する場合は、クロストリディウムなどのガス壊疽菌が原因となっており、緊急の手術や治療を要します。

 通常の蜂窩織炎であれば、抗生剤の点滴を行います。軽症の場合は、経口の抗生剤を服用します。抗生剤の種類は、点滴の場合はセファロスポリン系、ロセフィンなどを用います。犬猫咬傷の場合は、オーグメンチン250SR+サワシリン250mgを3回分三で服用します。ペニシリンアレルギーの場合は、クラビット(もしくはアベロックス)+クリンダマイシンを使います。ただし、小児、妊婦には使えません。

 最近、蜂窩織炎などの感染症の診療を断る医療機関が増えてきました。先日も近所の整形外科に行ったところ断られたそうです。困った時代になってきました。
  


患者さんより提供して頂いた写真です。猫咬傷で、最初の写真は翌日で母指〜示指〜手背に発赤腫脹が見られます。咬傷二日目は一気に炎症が広がっています。診察時は前腕の半分までリンパ管炎は肘より上まで広がっていました。直ちに抗生剤の点滴静注を行いました。診察時は平熱でしたが、夜は38度台の発熱となりました。翌日は解熱し快復つつあります。一日でこんなに悪化するのです。感染症が如何に恐ろしいかよく分かる写真です。その後、治療により順調に改善してきています。