表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

梨状筋症候群 piriformis muscle syndrome

 よく根性坐骨神経痛と間違われます。

 梨状筋症候群とは臀部にある梨状筋という筋肉が坐骨神経を締め付けることによって起こります。症状は坐骨神経痛が起こります。ただし腰痛はありません。(ときに腰痛が生じることもありますので注意が必要です。)

 スポーツ障害でよく起こります。治療は梨状筋をストレッチして神経の締め付けを和らげます。改善しない場合は、梨状筋を切離する手術を行うことがあります。 

 
 臀部から下肢にかけて坐骨神経様の痛みが出る場合、腰から神経障害が生じているのか、それともより末梢の神経障害かを見極める必要があります。坐骨神経痛を訴える患者の6%に梨状筋症候群がみられます。梨状筋症候群は基本的には腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症を除外診断します。梨状筋症候群の診断が難しいのはしっかりとした除外診断を行う必要があることとそもそもこの病気を念頭に置いておかないと見逃してしまうことです。

 股関節を他動的に内旋させるテスト(Treiberg徴候)、座位で股関節を抵抗下に外転させるPace徴候、患肢を上にした側臥位で下肢を外転するBeatty徴候などの徒手検査も有効です。

 検査は腰椎〜骨盤部のレントゲンに加えて必要に応じてMRIを行います。腰椎にヘルニアや狭窄症が無く上述の徒手検査が陽性であれば梨状筋症候群に確度は高くなります。逆にMRIで所見があれば、それと合致する症状が出ているかで判断します。