表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

 
 本日のコラム218 TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)

 Triangular Fibrocartilage Complex injuries(TFCC損傷)という難しい名前の病気です。
 
 「三角形」になった「線維軟骨」の「複合体」の「ケガ」という意味です。このTFCCは手関節の尺骨側にありクッションの役目をしています。分かりやすく言うと膝の半月板と同じ役目と思ってください。

 手関節背屈位を強制されたまま転倒、転落したり、テニス、バドミントン、スカッシュなどラケットを使ったスポーツを行う人、またハンドル(車、バイク)を握ったまま衝突する、バレーボールのスパイクをオーバーハンドでレシーブする、野球のスライディングヘッドなどで発症します。他にもダンベルを持ち上げて手首を捻る、スイング中に急にバットを止めることで起こることがあります。

 症状は尺側に手関節を曲げると痛みを発します。痛みは、手掌をついて立ち上がる、ドアノブを回す、蛇口を捻る、タオルを絞る動作で起こります。

 手の関節の捻挫や関節炎と思っている人も多いです。

 治療はまずは保存的に行います。温熱治療などの理学療法に加えて手関節を固定する装具が有効です。

 3ヶ月以内の保存的治療で改善しない場合は、手術療法を考慮します。手術は関節鏡を使って壊れたTFCCを縫合、再建、滑膜切除術等が行われます。

 尺骨が橈骨より長くなって症状が出ている場合は、尺骨短縮術が選択されることがあります。
 

  
 TFCCと鑑別を要する尺側に限定した痛みを起こす疾患

 ECU腱炎(尺側手根伸筋腱炎、腱鞘炎) 背屈、回外位で疼痛が誘発

 手根骨間靱帯損傷(月状骨三角骨間、三角骨有鈎骨間)、第5中手骨CM関節由来の疼痛 疼痛は局所を圧迫、シフトテストで誘発。少量のリドカイン(0.1ml)注射で症状消失。最終的には関節造影で診断

 尺骨突き上げ症候群 尺骨頭が月状骨を圧迫、骨軟骨変性を起こす。レントゲンでは中間位では鑑別が困難で回内位、回外位でバリアンスの測定を行う。

 変形性遠位橈尺関節症 症状はほとんどTFCCと鑑別できない。MRI

 変形性三角骨豆状骨間関節症 掌側の疼痛でfavea sign と混同されやすい。

 尺骨茎状突起骨折、骨折後偽関節 レントゲンで判明するが、MRIで初めて分かることも

 尺側手根屈筋腱炎 手関節を屈曲位で作業やスポーツをするケースで起こります。腱周囲、腱鞘に沿った痛み

 腫瘍 骨腫瘍や軟部腫瘍が原因となっていることがまれにある。→要精査