表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

腰椎横突起骨折 transverse process of lumbar vertebra

 腰椎には椎体の横に2-3センチの横突起があります。肋骨に相当するので肋骨突起といいます。ここが強い外力を受けると肋骨骨折のように折れることがあります。

 2014年ブラジルワールドカップでブラジル代表ネイマールが背中を膝蹴りされて横突起骨折となりました。転倒や落下で背中を強打しても起こります。

 通常の打撲と違って骨折ですから痛みが続きます。

 よく見逃される骨折です。腰を打ったエピソードがあれば、念頭に置いて
診察します。レントゲンではっきりでる場合とおなかのガスに重なって読影しにくいことがあります。

 このような場合は、CTを行います。骨折の程度、ずれなどの評価が出来ます。

 治療は対症療法で痛み止めやコルセットの装着を行い、痛みを伴う運動は控えます。歩行は初期の痛みが強い時期を過ぎれば問題ありません。

 ときに」大きな血腫や内臓損傷、脊椎自体の骨折、麻痺などの神経障害を合併することがあります。