表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

尺骨茎状突起衝突症候群 ulnar styloid impaction syndrome

 尺骨遠位端の長さは橈骨遠位端より同じか、マイナスにも関わらず、茎状突起が6mm以上になっており、これが対側の手根骨と衝突して痛みを誘発します。テニスなど尺側へ動かすことによって衝突します。治療は保存的治療で改善しない場合は、長すぎる茎状突起を手術にて短縮します。