表紙に戻る
池田医院・診療日記
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

過去ログ
2015.4
2015.5 2015.6 2015.7 2015.8 2015.9 2015.10 2015.11 2015.12
2016.1 2016.2 2016.3 2016.4 2016.5 2016.6 2016.7 2016.8 2016.9 2016.10 2016.11 2016.12
2017.1 2017.2 2017.3 2017.4 2017.5 2017.6 2017.7 2017.8 2017.9 2017.10 2017.11 2017.12
2018.1 2018.2 2018.3 2018.4
2018年5月  新緑の季節です
1日(火)  

 スタッフ募集中!一緒に仕事してみませんか?

 午前診:月−土     午前8:30−12:30 時給1,000円〜
 午後診:月・火・水・金 午後4:30−7:30  時給1,100円〜

 昇給あり

 日曜祝日はお休みです。お盆休みや正月休みは別途あります。 

 週2日以上勤務できる方。

 *電子カルテを導入していますので、仕事自体は簡単です。
  
 
2日(水)本日のコラム359 連休の狭間はあまりの忙しさに・・・。

 7連休の医療機関がうらやましく思える忙しさでした。兎にも角にも忙しすぎてゆっくりする暇がありませんでした。明日から4連休ですが、のんびり休養させていただきます。

 救急対応は診察券に記載されている携帯電話にて行いますので何かあれば、ご連絡ください。
  
3日(木)
4日(金)
5日(土)
6日(日)
7日(月)
8日(火)
 
9日(水)本日のコラム360 他山の石 レントゲンは撮ってません 藪医者VS土手医者

 整形外科疾患で様々な疾患と鑑別を行ったり、外傷で骨折の有無を調べるのにレントゲン撮影は欠かせません。ところが数カ所の医療機関を経て来られたにも関わらず、一度もレントゲンを行わずに治療を受けただけという患者さんが、ここ最近、複数おられます。いやはやなんとも名医というか迷医というか、治療も中途半端でさっぱり治らないとのこと。

 正確な診断を行わずに、正しい治療は出来ません。

 ところで、下手な医者のことを昔から「藪医者」といいます。ところが藪医者はまだ向こう側が微かに見えるのでまだましで、さらに最悪の医者のことを「土手医者」というらしいです。これは土手から先は全く見えないので藪医者よりひどい。従って世の医者はせめて藪医者以上であって欲しいものです。自戒の意味も込めて書かせていただきました。
 
10日(木)

 スタッフ募集中!一緒に仕事してみませんか?

 午前診:月−土     午前8:30−12:30 時給1,000円〜
 午後診:月・火・水・金 午後4:30−7:30  時給1,100円〜

 昇給あり

 日曜祝日はお休みです。お盆休みや正月休みは別途あります。 

 週2日以上勤務できる方。

 *電子カルテを導入していますので、仕事自体は簡単です。
  
 
11日(金)本日のコラム361 ようやく落ち着いてきました

 連休明けの診療は、連日連夜、お待たせしましたが、徐々に落ち着いてきました。待ち時間も本日は30分程度だったと思います。私自身待つのが嫌なタイプですので、来院された方をお待たせするのはとても気が引けます。とは言え、手を抜くこと無く診療するのは当然のことですから、いつもジレンマに落ち着いてしまいます。

 待ち時間が長くなっても適切な診療を手を抜かずに行うことが大切と考えていますので、たまたま運悪く長くなってもそれだけ丁寧に診察を行っているのだと善意に解釈して頂けると有り難いです。
 
 
12日(土)  本日のコラム362 他科の先生曰く「○○○」???

 中途半端に診ると碌なことが無いという典型。何でも診る先生がおられますが、何でも診られるということは逆に何でも中途半端になる可能性があります。医学のいずれの分野も、膨大な知識と経験が必要です。広く浅い知識は、典型例では通用しても少し込み入った状況になると太刀打ちできません。

 これは誰にでも言えることですが、経験や自信が無い分野はそれぞれの専門家に譲るべきと考えます。
 
13日(日)
14日(月)
15日(火)
 
16日(水) 本日のコラム363 水曜日の夜診は狙い目

 待ち時間が長いのは、患者さんも大変です。今週は、月、火とかなり混雑していましたが、水曜日の夜診はスムーズで待ち時間も許容範囲内だったと思います。7時過ぎに診療も終了しました。

 比較的空いているのは、水曜日、金曜日といったところです。月曜が一番混雑します。ほかの曜日は、天候に左右されます。お急ぎで無い方は、水、金あたりの受診をお勧めします。
 
17日(木)
18日(金)  スタッフ募集中!一緒に仕事してみませんか?

 午前診:月−土     午前8:30−12:30 時給1,000円〜
 午後診:月・火・水・金 午後4:30−7:30  時給1,100円〜

 昇給あり

 日曜祝日はお休みです。お盆休みや正月休みは別途あります。 

 週2日以上勤務できる方。

 *電子カルテを導入していますので、仕事自体は簡単です。
  
 
19日(土) 本日のコラム364 宝の持ち腐れ

 整形外科分野でも遅ればせながら、超音波断層撮影(エコー)が普及してきました。ただ台数は普及してきましたが、写っている画像が何か分からない、正常かどうか判断がつかないために、埃をかぶったままにしている医療機関も多いようです。

 どうやったエコーを算定できるかの問い合わせが医療機関から当院にあるのですが、それは本末転倒のように思います。

 ほぼ、毎日にのように「余所の整形外科でレントゲンには異常が無いと言われたのですが痛みが続いている」と訴える患者さんが来られます。今や整形外科でも画像診断の両翼としてレントゲン、エコーがあります。レントゲンだけで異常なしとするのは、片肺飛行のジェット機のようなものでとても危険なことだと思います。もちろん、レントゲンやエコーをすべからく実施することもありません。必要に応じて使いこなせることが肝要と言えます。
 
20日(日)
 
21日(月) 本日のコラム365 運動器における超音波断層検査(エコー)

 今日は大学の内科の先生が来られ、整形外科でもエコーをするのですねと驚かれてました。確かに内科では数十年前から普通に使われており、右手に聴診器、左手にエコープローブを持って診療するのが当たり前に時代ですが、整形外科では、まだまだ読影できるドクターが少なく、レントゲンだけで診療している医療機関もよくあります。

 何度も書いていますが、骨の状態を知るにはレントゲンは欠かせません。しかし人の体は骨だけで無く、骨の周りの神経や筋肉、血管といった軟部組織の状態も把握する必要があります。これにはエコーを使うのが低コストで利便性が高いのですが、読影が難しいのが普及を妨げています。

 当院では、エコーの経験が豊富ですし、レントゲンでは見いだせない骨折や軟部組織の損傷を的確に診断しています。加えて、治療目的としてエコーガイド下の筋膜リリースなどに使用しています。
 
 
22日(火)本日のコラム366 凍結肩

 明らかな外傷が無く、肩の疼痛に加えて可動域制限が起こります。40-50歳代に多く発症するので、四十肩、五十肩とも言われます。これまでは数年以内に自然治癒すると言われてきましたが、実際にはより罹病期間は長く、また50%前後の例で何らかの疼痛や可動域制限が残ることが分かりました。

 まだまだ自然に治ると説明する医師も多いために、長引いて強い拘縮を起こしてしまう例が後を絶ちません。症状が出て比較的早期に対応すれば、拘縮はかなり防げます。

 従って、肩の痛みを覚えたら早めに最寄りの整形外科を受診するようにしてください。
 
 
23日(水) 本日のコラム367 使いすぎ症候群 over use syndrome

 使いすぎて痛みが出ることは誰しも経験することです。スポーツや仕事、家事など同じ動作を繰り返すと微少な外傷が繰り返し起こるために、痛みや腫れが出てきます。痛みが出る場合は、やはり使うのを控えて症状が治まるように心がけます。

 またストレッチも大切です。筋肉や腱が年齢とともに柔軟性に欠けてきますのでしっかり伸ばすように心がけてください。ただしこれも無理に力をかけると症状が悪化しますのであくまでも痛まない範囲で行うようにしましょう。
 
24日(木)
25日(金)
 
26日(土) 本日のコラム368 スタッフ募集中!一緒に仕事してみませんか?

 午前診:月−土     午前8:30−12:30 時給1,000円+交通費
 午後診:月・火・水・金 午後4:30−7:30  時給1,100円+交通費

  *交通費は当院規定による

 同一労働同一賃金を目指しています。

 日曜祝日はお休みです。お盆休みや正月休みは別途あります。有休あります。 

 週2日以上勤務できる方。

 *仕事は受付窓口が中心ですが、ごく簡単にできます。電子カルテの難しい作業は院長が全て打ち込み済みなので楽です。
 
27日(日)
 
28日(月)本日のコラム369 お呼びする順番

 患者さんをお呼びする順番は、窓口に来られた順をもとに、専用パソコンに登録された順になります。例えば一番に来られても、全くの初診ですと、保険証の入力を行わないと受付することが出来ません。それらが完了した後に登録となります。

 従って、診察の申込用紙への記入、保険証の入力などの間に、再来の方がお越しになると、診察の順はその後になります。

 物理的に来られた順に診察する方法は、今以上に待ち時間が長くなりますので、ご理解を賜りますようお願いいたします。
 
29日(火)
30日(水)
 
31日(木) 本日のコラム370 自転車での事故

 最近、自転車での事故が増えているように思います。雨の日のスリップ、車道と歩道の段差を乗り越えようとして転倒、自転車や歩行者との衝突など、特に京大周辺は自転車を利用する人が多いので注意が必要です。

 自転車は急に止まれません。その分、慎重に走らなければなりませんが、ここ東一条通通りでも、通行不可の歩道をイヤホンをつけてスマホを片手で走行する若者を見かけます。町には高齢者も多く、事故がいつ起こるか心配でなりません。

 当院でも、手足の骨、肋骨を骨折した方がよく来られます。くれぐれも安全運転をお願いします。