Top Page

Dr.EMIの「骨粗鬆症〜食べて増やそうカルシウムたっぷりレシピ」
 <はじめに>

 このたび骨粗しょう症の予防や改善に役立つ料理集を作成することになりました。安くておいしくてカルシウムたっぷりのレシピを考えて、実際に作って食します。

 骨粗しょう症は決して高齢の方だけの問題ではなく、子供の頃からの食生活がとても大切と言われています。老若男女を問わず、しっかり食べて「骨美人」になりましょう。

 もちろん食べるだけじゃなくて運動もとても大事ですので「食事と運動」の両輪で頑張りましょう。
 (EMI)
 
レシピ1 「ししゃもの唐揚げレモン風味」


 ししゃもは安価で手に入れやすく、冷凍保存もでき、解凍もしやすいです。手間暇を掛けずに骨ごと食べられます。カルシウムやマグネシウムなの骨の材料がたっぷり入っています!魚卵があるので栄養豊富ですが、尿酸値などが気になる方は卵のないオスのししゃもを選ぶと良いでしょう。

 揚げ物は衣をつける手間や油の処理などで敬遠されがちです。今回はししゃもをマヨネーズであえ、そのあとパン粉をつけて揚げ油をフライパン1センチ程度にして揚げ焼きにしました。骨粗鬆症の防止のためにパン粉の半量は粉チーズを混ぜました。とても手軽にできます。子供も、ししゃもを焼いたものは食べないのですがフライにすると食べます。ご参考になれば嬉しいです。
 
レシピ2 「カルシウムたっぷり!アボカド納豆しらす丼」


 しらすはイワシの稚魚で骨形成に必要なカルシウムなどのミネラルが豊富です。冷凍保存しておけば、凍ったまま暖かいご飯の上に乗せるだけで、すぐにふっくら美味しくいただけます。納豆に含まれるビタミンKは体内で、カルシウムが骨になるのを助けてくれるので、一緒に食べると効果アップです。アボカドは森のバターと言われ、不飽和脂肪酸やカリウムが多く、コレステロールの値を下げたり高血圧の予防にも良いと言われています。

 ごま油とめんつゆを少量かけて出来上がりです。

レシピ3  「5分でできる明太鯖バケット!」
 
 今回は鯖の水煮缶を使いました。缶詰と言えど鯖は身も分厚く骨ごと食べられてカルシウムたっぷりです!また鯖にはビタミンDやDHAも豊富に含まれています。作り方はとっても簡単で、缶詰を開けたら鯖の身を取り出し、ほぐしながら明太子とマヨネーズを和えるだけで完成です。今回はチーズと共にバケットの上に盛り付けましたが、ご飯にも合うのでおにぎりの具材としても使えます。

 缶詰でお手軽に鯖が食べられるので参考にしていただければ嬉しいです。

レシピ4 「五分でできる小松菜の中華炒め!」
 小松菜はカルシウムたっぷりの野菜です。下茹でなしでも使えるのでとっても便利!炒めるとかさが減るのでたくさん食べられるのもいいですね。

 作り方は簡単!ごま油で鷹の爪とニンニクを炒め香りが出たら、適当な大きさに切った小松菜を入れます。火が通れば中華系の調味料で味付けします。あっという間に出来上がりです!鶏がらスープの素、味覇、中華味の素、香味シャンタンなんでも大丈夫です。家にあるもので味付けしてください。一度お試しください。
 
 レシピ5 「桜エビのおにぎり」

 今回はいつものおにぎりにカルシウムを意識して、桜海老を取り入れてみました。具材は白ご飯、桜海老、しらす、枝豆、天かすです。暖かいご飯にごま油、桜海老、しらす、枝豆を入れて混ぜます。別のお皿を使って、天かすに少量のめんつゆを入れ、天かすをふやかしておきます。天かすに味がしみこんだら、ご飯に混ぜましょう。あとはおにぎりにすれば出来上がりです!桜海老を軽く炒ると香ばしさアップでおすすめです。