表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

 間違いシリーズ2:レントゲンで骨は大丈夫と言われましたが?

 レントゲン撮影は万能ではありません。昔はレントゲン撮影を行って「はい、大丈夫」なんていう治療がまかり通っていましたが、今では時代遅れとなっています。

 例えば、肋骨骨折の診断率はレントゲン65%、超音波85%、CT98%となっていますのでレントゲンではかなりの率が漏れてしまうことになります。

 この際、一番大切なのは画像診断では無く、医師が行う診察とその所見です。経験を積めば、診察だけでおよそ骨折しているかいないかは分かるようになります。その上で目星をつけた部位をレントゲンなどの補助検査を追加します。

 とは言え、症状や所見からどちらとも言えないケースもあります。またレントゲンで描出されないが極めて骨折の可能性が高い場合などは、超音波断層、MRI、CTを順次、追加します。

 もちろん何でもかんでも検査すると医療コストが膨大となりますので、必要な症例を選んで行います。この場合の必要とは骨折の有無によって治療方針が著しく変わる場合を意味します。