表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療
からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科
リハビリテーション科

弾発股 snapping hip

 弾発股(外側型)は股関節を動かすと大転子外側に「ボコ」と音がしてずれる感じがする現象をいいます。股関節外側にある大腿筋膜張筋(腸脛靱帯)が大腿骨の大転子に引っかかるときに鳴ります。これは股関節周辺の筋肉や腱が硬くなって起こります。

 スポーツや股関節をよく曲げる仕事で起こります。治療は運動量の制限やストレッチなどの保存的治療を行います。改善しない場合は手術も考慮します。手術は鏡視下に腸脛靱帯や gluteus sling をリリースします。関節不安定症や臼蓋形成不全を合併していると術後、不安定性が悪化することがあるので注意します。観血的Z-plasty手術を選択されることもあります。若いアスリートに多く見られます。強く引っかかると音だけでなく臀部横がボコンと音とともに大きく動くこともあります。しばしば転子滑液包炎を併発します。また、股関節屈曲位では腸脛靭帯は大転子の前方に位置しますが、内転し伸展させると腸脛靭帯が大転子を乗り越えて後方に移動するため、これにより坐骨神経が圧迫され坐骨神経痛の症状が出ることがあります。
 腸腰筋スナッピング

 弾発股のうち内側型が腸腰筋スナッピングと呼ばれています。腸腰筋腱が股関節外旋外転するときに股関節前面の骨突出部で弾発します。診断は股関節を屈曲し外転外旋を行い下肢を伸展するときに股部内側にスナッピングが誘発されます。
炎症が強い場合はMRIで画像所見を認めます。治療は原則としてほとんどが保存的に行います。痛み止め、股関節前面のストレッチ、体幹機能の調整などを行います。改善しない場合は鏡視下に腸腰筋腱を切離しますがパフォーマンスが落ちるので熟慮する必要があります。