表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

母趾IP種子骨障害

 母趾 IP 関節の種子骨障害。関節を背屈すると痛みが出る。IP 関節足底やや内側に胼胝形成することがある。
運動時痛がおおく、安静時の痛みはないとされる。治療は保存療法で改善することが多いが、無効例では、摘出手術を行う。

 外傷によりIP関節が背側脱臼し、種子骨が嵌合し整復できないため、観血的に行った例が報告されています。