Top Page

池田医院のホームページへようこそ

 はじめに

 当院は、京都市左京区吉田、京大正門前、東一条を西へ50mほど行ったところにあります。一般の整形外科疾患を中心に、スポーツ外傷や骨粗しょう症、頚部痛〜腰痛などの脊椎疾患、膝疾患などに力を注いでいます。インターネットの進歩により、さまざまな医療情報が簡単に得られる時代となりました。一方で手にする情報は珠玉混合で、何が正しいのか否かを判断することが逆に難しくなっています。例えば、腰痛一つとっても、症状、原因、時期によって対応が異なります。外傷もしかり、頚部痛や膝痛も、疾患やその程度によって治療が異なります。医療情報の一部を切り取って自己判断するのは極めて危険です。

 「こうしたら良い」と知人や友人に勧められてもそれが正しいのか判断することはとても難しいです。そのような状況でどうすれば良いのか、それは経験豊富なその道の専門家に相談するしかありません。昔から「生兵法は大怪我のもと」と言います。知識、経験に基づいた正確な診断と治療を受けたいものです。

診療は次のことを心がけています。

「精度の高い診療」

  
病気やケガを治すには 「正しい診断」から始まります。

 診察ではお話を充分に伺ってから治療に必要な検査などを説明し、正しい診断を行った上でもっとも適切な治療をご相談のうえ行います。
 これは言うのは簡単ですが、なかなか難しいことです。数カ所以上医療機関を回ってから来られる方(最高は12カ所目)もおられますが、診療後、『早くここへ来たら良かった。』と仰って頂くことも度々あります。十分な問診のうえで必要な方にデジタルCRレントゲン、カラー超音波断層撮影を、更に近接医療機関と連携してMRI,CTの検査を迅速に行っています。大学病院ですと検査待ちで数週間〜一ヶ月かかるようなケースでも日程が上手く調整できれば当日で終了します。

 正確な診断ができれば、治療方針を決めます。当院でできること、できないことをしっかりと区別し、無理な治療を行うことはありません。

 手術が必要なケースでは最もその手術を得意とする病院を紹介します。手術の善し悪しは基本的に執刀医の腕に左右されますので実績のある病院で行って頂くようにします。特殊外来で高次診断が必要なケースでは大学病院の専門外来を紹介します。当院は小さなクリニックですが、最新の医療機器を導入し、しっかりとした診断と治療を受けて頂けるよう心がけています。
 

「十分な説明」

 
 多くの方に「よく分かり良かった。」と言って頂いております。納得できるまで病状の説明を行うようにしています。「こんなにきちんと説明して貰ったことは今まで無かった。」とおっしゃる方もおられます。
 

「お待たせしない」

 
 お待たせしない診療を心がけています。みなさまのご協力もお願いします。病状の経過が長いときは「簡単なメモ書き」を作成して持参していただけるとありがたいです。場合により、お待ち頂くこともありますので、時間の余裕をみてご来院ください。また大変混み合っているときは、時間が押してしまうこともありますが、出来るだけ簡潔明瞭にこれまでの経過や治療に対する希望などをおっしゃって頂くと助かります。
 

「あなたの声を大切に」

 
池田医院では「あなたの声を大切に」しています。いつでも遠慮なくおっしゃってください。病気やケガは医師・患者双方の努力と協力があって上手く治ると考えます。
 

多くの方にご来院頂いてます
 
 近畿一円からご来院頂いています。また学生の街「京都」だけあって、多数の学生さんが来られます。留学生の方には英語での対応を行っています。

 外国の方の母国:米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ブラジル、コロンビア、ボリビア、アルゼンチン、ウルグアイ、チリ、ペルー、中国、韓国、モンゴル、タイ、フィリピン、ベドナム、ミャンマー、インド、パキスタン、トルコ、ロシア、英国、フランス、ドイツ、デンマーク、スエーデン、オランダ、スペイン、ポルトガル、イスラエル、レバノン、エジプト、マリ、南アフリカ。他多数。

 来院実績のあるクラブ、サークル:野球、サッカー、フットサル、柔道、相撲、剣道、陸上、体操、トライアスロン、バスケット、テニス、ラクロス、空手、合気道、ボクシング、フェンシング、バレーボール、アメフト、ボート、カヌー、ラグビー、アルティメット、アーチェリー、弓道、フィギュアスケート、スピードスケート、スキー、卓球、バドミントン、スカッシュ、ホッケー、アイスホッケー、サイクリング、競技自転車、競泳、水球、シンクロスイミング、ウインドサーフィン、ダンス(社交、民族舞踊)、競技カルタ、馬術、応援団、チアリーディング、射撃、演劇、バトンなど。他多数。