表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

デュピュイトラン拘縮 Dupuytrens Contracture

 手のひらの腱膜である手掌腱膜が肥厚、収縮して豆状、更には索状となり手指の伸展障害が起こります。原因はよく分かっていません。手掌腱膜の線維芽細胞の増殖が起こるのですが原因は不明です。中年以降の男性に多く(実際の診療では、中年以降女性にも普通によく見られます)、両側性であることが多いです。また環指、小指側に多く見られます。軽度のものは比較的よく見られます。痛みはあまりありません。

 小さな豆状で進行しないものは経過観察をし、索状で伸展制限のあるものは手術を考慮します。進行した場合、手術をしても伸展障害が残ることがあります。特に小指の進展制限が強く起こると手術が必要となることが多いとされています。