表紙に戻る
池田医院へようこそ
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

動揺性肩関節(動揺肩、Loose shoulder)

 20歳代までの若年者で両側性に多くみられる。肩関節がもともとゆるく抜けそうな感じや不安感を覚える。疼痛、運動制限、脱臼感、不安定感が出る。臼蓋後下縁や肩峰の形成不全があり、挙上位でスリッピング現象がでる。原因ははっきりしていない。手を下方に引くと肩関節から上腕骨頭が下に移動するのが分かる。診断は手におもりをつけてレントゲン撮影を行い下垂するのを確かめる。治療は肩関節周囲の筋肉を鍛えるようにする。

 保存療法;局所安静、鎮痛剤、局注、筋力強化、協調運動訓練、スポーツの制限、重いものを持たない。
 手術;glenoid osteotomy、関節縫縮術、大胸筋腱移行術