表紙に戻る
池田医院・診療日記
信頼とまごころの医療 からだにやさしい医療をめざして

整形外科 外科 リハビリテーション科

過去ログ
2015.4
2015.5 2015.6 2015.7 2015.8 2015.9 2015.10 2015.11 2015.12
2016.1 2016.2 2016.3 2016.4 2016.5 2016.6 2016.7 2016.8 2016.9 2016.10 2016.11 2016.12
2017.1 2017.2 2017.3 2017.4 2017.5 2017.6 2017.7 2017.8 2017.9 2017.10 2017.11 2017.12
2018.1 2018.2 2018.3 2018.4 2018.5 2018.6 2018.7 2018.8 2018.9
2018年10月 台風来ないで!
1日(月) 本日のコラム414 もう台風は来ないで

 今年は台風が複数やってきて大変な被害が出ました。自然災害には太刀打ちできません。なんとか身の安全を確保するのに手一杯です。9月に来た台風21号は25年ぶりの大型台風で京都の西側を通過しました。強風による被害が各地で出ましたが、当院でも壁面が一部損壊しました。ただただ呆然とするばかりです。台風が来ないことを祈るばかりです。
 
2日(火)
3日(水)
4日(木)  
5日(金) 
6日(土)  
7日(日) 
8日(月) 
9日(火)
10日(水) 本日のコラム415 止血方法

 ちょっとしたケガで血が出ている場合、止血を行う必要があります。まず、吹き出るような出血は動脈性の可能性がありますので直ちに出血部位を押さえて血が出ないようにして救急搬送を依頼します。水鉄砲のように飛ばずににじみ出るような出血は大抵静脈性の出血ですから、ケガをした部位をしっかりと洗浄して圧迫します。重力の関係で、下げるとなかなか止まりにくいので、心臓より高く上げて押さえてください。

 軽い圧迫を5−20分続けると大抵の出血は止まります。抗凝固剤などを服用している場合は、もう少し長めに圧迫止血します。強く押さえすぎないようにしてください。静脈圧はそれほど高くありませんので軽い圧迫で止血できます。

 大切なことは、慌てないことです。血を見るとどうしても焦ってしまい、何度も止血できたか時間をおかずに確かめてしまいがちです。じっと押さえていれば必ず止まります。途中で止血を解除してのぞき込むと、いつまでも止まらないことがあります。とにかく最低10分は気になっても我慢して傷を見ないで押さえるようにしてください。
 
11日(木) 本日のコラム416 四十肩、五十肩(肩関節周囲炎)


 昔は二年ほど放っておけば治ると言われていたのですが、治療を行わないと4−5年経っても50%に何らかの症状が残ることが分かっています。

 実際に診療する機会の多い疾患ですが、医療機関の受診が遅れてしまうケースが後を絶ちません。発症2週間までに来て頂けると適切な治療を早期に開始することができ、後遺症は出にくいのですが、これが一ヶ月も経つと可動域が減少していわゆる「凍結肩」となり治療に難渋することになります。


 肩関節周辺に痛みがあり、肩を動かすと痛みが強くなる場合は、出来るだけ早い受診をお勧めします。
 
12日(金)
13日(土)本日のコラム417 休みが必要なときはしっかり休む

 膝周りの使いすぎによる痛みは、しっかりと休めて完全に消炎除痛された状態まで戻すことが大切です。中途半端な運動再開は容易に再燃します。

 膝周りの過使用による炎症性疾患:大腿四頭筋炎、膝蓋靱帯炎、オスグッド・シュラッター病、鵞足炎、腸脛靱帯炎など

 初期治療としては、局所の安静、アイシング、ストレッチ。消炎鎮痛剤の長期投与は控える。ステロイド注射(ドーピングの問題あり)、局所麻酔薬など。


 試合の日程などで、なかなか安静時期を取ることが出来ないケースが多いのですが、休むことが復帰の近道になると考えることが大切です。
 
14日(日)
15日(月) 本日のコラム418 膝内側側副靭帯損傷、外側側副靱帯損傷 medial collateral ligament injury,latelal collateral ligament injury


 膝を捻ることで発症します。スポーツ、特にサッカー、柔道、アメフト、ラグビー等で膝を強制的に内反、外反すると起こりやすいです。

 外側側副靱帯は単独損傷は少なく複合靱帯損傷として起こります。内側側副靭帯は単独損傷も多く、激しく内反すると靱帯付着部での裂離骨折や前十字靭帯、半月板の損傷を伴うことがあります。

 内側側副靭帯は損傷程度によりグレードI,II、IIIに分かれています。 

 GradeI:靱帯が少し伸ばされただけで関節の安定性には問題ないもの。
 GradeII:伸展位では問題ないが関節を30度に屈曲して内反ストレスを与えると不安定なもの。
 GradeIII:伸展位でも30度屈曲位でも不安定なもの。

 このような用手的な検査に加えて超音波断層検査を行います。靭帯損傷の程度や靭帯周辺の腫れ、裂離骨折などが分かります。またストレスを加えて動的に見ることもできます。

 治療はグレードI,IIは保存的に行います。受傷当初はRICEを行い、外反しないように包帯やテープで固定します。靱帯の損傷は軽度でも顕微鏡レベルでは修復に4週間かかるとされています。

 受傷数日の急性期が過ぎれば、アイソメトリックな膝周辺の運動を行います。歩行時痛が無くなって圧痛もかなり改善して痛みが取れてきたら軽めのジョギング等を開始します。

 スポーツ復帰を急がれる場合は、内側側副靭帯損傷用の装具を装着します。(GradeI)

 <GradeI>
 不安定性は屈曲位、伸展位のいずれでも生じない。MCL付着部の強い疼痛と圧痛を認めます。過伸展で疼痛が増強。伸展で付着部に力が掛かるため。痛みが強ければ支柱付き膝装具の装着し歩行時痛を軽減ます。付着部での異所性骨化を生じることがあります。→必要に応じて受傷2〜4週後にレントゲンで確認をします。

 <GradeII>
 軽度屈曲位で外反すると不安定性があります。10度の伸展制限付き膝装具を装着。後十字靱帯損傷を合併している場合は手術を考慮。

 <GradeIII>
 グレードIIIの場合、切れた靱帯を縫う手術を選択することもあります。

 スポーツ復帰は損傷部の疼痛消失、可動域の改善、外反不安定性の消失、ストレステストの陰性化を確認します。コンタクトスポーツは復帰初期は膝装具装着が推奨されています。

 注:GradeIは関節固定や装具は必要ないとする意見もあります。。GradeIIは外反制限する装具を装着。(10度程度の進展制限のできる支柱付き装具伸展時に付着部に大きな力が加わるため)
 いずれも早期から加重を開始し、早期運動療法を行う。GradeIIで後十字靱帯損傷と合併例では、手術を考慮する必要あり。シリンダーギプスにより固定は現在では使用しなくなっています。
 
16日(火) 本日のコラム418 膝関節内の疾患

 ・まずは保存療法
 有痛性分裂膝蓋骨(運動量の軽減→だめなら外側広筋解離術)、隔壁障害(タナ障害、膝蓋上滑膜ひだ障害→保存→手術)
 離断性骨軟骨炎(OCD)、早期変形性膝関節症

 ・疼痛の発症早期から手術療法が推奨されるもの
 可動域制限を伴う半月板損傷、ACL損傷、骨軟骨片を伴う外傷性膝蓋骨脱臼(伴わない初回脱臼は1−2週間の固定、その後ROMex)
 
17日(水)
18日(木) 
19日(金)
20日(土) 
21日(日)
22日(月)
23日(火) 
24日(水)
25日(木)
26日(金)
27日(土)
28日(日) 
29日(月) 
30日(火) 
31日(水)